This site is for Japanese only. 2017年10月29日 8:57 更新

◆お問い合わせは、こちらから◆


ライブパタヤマーク

 


パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木





パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

 

パタヤビーチタイム情報

 


 

 


パタヤを訪れる人へ。そしてパタヤのために、少しでも何か良いことを…


近年のパタヤ市内の交通状況は、特に朝夕は大渋滞、日中も大型の観光バスやミニバンなどが連なるくらい交通量が増加しており、違法な縦列駐車が市内各所で後を絶たない状況で、それによって渋滞がより酷くなる場合もある。パタヤ市内は交通量の増加に加え、道幅も狭く、人と車、バイクが接触するなどの交通事故も多い。タイ国内の日本人在住者がバンコクや近県から訪れる場合も含め、パタヤ市内で乗用車やバイクを利用し運転する際は他の車やバイクとの車間距離を極力取り、駐車する場合も商店や付近住民の迷惑にならないよう十分配慮することが必要だ。

パタヤ警察は市内において、交通違反の取り締まりを強化し各所で常時検問を行なっているので、現場では警察官の指示に従うこと。

※ノーヘルチェックは地図内の★以外、市内各所でも不定期に行なわれています。レンタルバイクやバイクタクシー(モーターサイ)利用の際は、必ずヘルメットの着用を

現在セントラルパタヤ通りでは、高電圧(115kv)ケーブルの埋設工事中。スクンビット交差点から150メートルごとに進めて、セカンドロードの交差点までの工事で今年中には終了予定。工事現場一帯は、駐停車禁止となります

 

パタヤ市内での車・バイク運転時の違反行為について
★いずれの場合も、パタヤ市内で警察官の検問・摘発・事情聴取により検挙となった場合(2017年8月現在)

パタヤ市内では、各所でパタヤ警察による検問(主にバイクのノーヘルチェック)が不定期で行なわれており、交差点などでの信号無視、またスピード違反などはパトロール中または交番に駐在する警察官により現行犯で検挙となるケースが多い。各信号付き交差点付近、または市内主要道路での駐車禁止時間帯の違法駐車(バイク・乗用車共)については、パタヤ警察により強制撤去される車両が後を絶たない現状だ。

※写真は、サウスパタヤ通りで違法駐車されたバイクをパタヤ警察の係員が強制撤去している様子(サウスパタヤ通りでは、両方向とも午前11時から午後11時まで車両駐車禁止)

[バイク]
・ヘルメット未着用(後部同乗者も含む)     〈罰金〉500B
・無謀運転・危険走行(前輪を上げて走るなど)  〈罰金〉1000B
・ビーチロード遊歩道など歩行者用道路での走行  〈罰金〉1000B

※3人乗りや免許証(国際またはタイ国)不携帯の場合など、現場警察官の裁量・判断により罰金が加算となる
・駐車禁止区域及び禁止時間帯での駐車      〈罰金〉1000B
※警察車両によりバイクが強制撤去となった場合は、撤去料なども含めて罰金が高額になる場合あり

[乗用車]
・シートベルトの未着用(助手席同乗者を含む)  〈罰金〉500B
・運転免許証不携帯               〈罰金〉1000B
・駐車禁止区域及び禁止時間帯での駐車      〈罰金〉1000B

※警察車両により車が強制撤去となった場合は、撤去料なども含めて罰金が高額になる場合あり
・飲酒および酒気帯び運転     1年以下の服役及び〈罰金〉5000〜20000B

※飲酒で事故を起した場合は逮捕〜拘留〜刑事裁判となる可能性が高く、けが人や物損した場合の補償など含めより刑罰が重くなることがある
・公道での警察の許可無き私用で占有した場合  〈罰金〉500B

☆車・バイクいずれの場合も、警察官が不審人物と感じた時は所持品や車のトランクの中などをチェックされることがある(タイ警察では不定期の違反検問により、違法薬物や武器、非合法な物品の移動・取引などが摘発され、単なる交通違反ではない意外な事件へと発展することがある)

パタヤ市内の交通違反警告看板

【左から】乗用車での駐車違反(1000B)、公道での警察の許可無き私用占有違反(500B)、シートベルト未着用違反(500B)、バイクでの歩行者用道路での通行違反(1000B)、危険無謀運転違反(1000B)。※( )は罰金額 ★この看板はタイ国トヨタ自動車の協賛により、ツーリストポリス、パタヤ市、パタヤ警察署が作成し、パタヤ市内各所公道上にて掲示されている

 

この左の標識は、信号付き交差点において乗用車、バイクが左折する場合、信号の色が黄色(注意)または赤色(止まれ)であっても、交差点を横断する車やバイク、歩行者などがなく安全と確認できれば左折して良い、というもの。もちろん、直進や右折については青色(進め)または矢印信号が点灯していない限り、信号無視で違反となる。

パタヤ市内のほとんどの信号付き交差点で、この標識がある。この標識を知らない外国人運転者の場合は交差点で停止したままのため、時には左折しようとする後続の車からクラクションを鳴らされることもあるので、車、バイクを運転する人はこの標識の意味を必ず覚えておこう。

この標識は、パタヤ警察暑の交通セクションによるものであり、交差点付近での交通渋滞を極力防止するためでもある。交差点において交通整理をする警官がいる場合は、その警官の指示に従うこと。