パタヤの市場[ตลาด]へ行こう!〈ボァカオ市場にて〉

タイ国内どんな街にも必ず市場がある。管理者がタイ国に住み始めた当初は深夜バスに乗って度々タイの田舎町を旅したが、どの町も市場の周辺は活気があり多くの人が行き交う。市場は人が集まる場所であるから、当然食事をしたり酒が飲める休憩用のお店もある。そんな店に入り軽くビールでも飲み、そしておすすめの料理を頼んで店の人と会話をすると、その町のことが何となくわかってくる。地元の人から、タイの田舎町に日本人旅行者が来ると珍しがられるということもあるが、市場は買い出しに行くだけではなく、生きた情報も得られる場所であることを教えてもらった。このパタヤ周辺でも市場は数カ所あって、管理者は空き時間があるとよく市場へ出かける。買い物をしながら顔見知りとなっている人(屋台のおじさんやおばさんなど)と何気ない普段の会話から、モノの売れ行きの善し悪しなども感じ取れることがある。近年のタイはナイトマーケットが流行りだが、市場は基本早朝明け方から夕方頃まで。因みにタイ語で市場は“タ・ラー”という。英語のマーケットでもいいが今いちピンと来ない。管理者個人としては“タ・ラー”という言葉の響きがタイらしくて良いと思っている。このページではパタヤの市場を代表する「ボァカオ市場」をご紹介。その開催日(毎週火・金曜日)には約300店以上が出店し、市場内は多くの人でごった返す。その様子を写真40点にて…
※(左)ボァカオ市場周辺図。写真(右)は、市場開催当日のサウスパタヤ通りから入ったソイ・ボァカオの様子


↑ソイ・ボァカオ側から入ると、まずはその場で揚げた魚や鶏肉などのフライ物が並ぶ

↑市場内をサウスパタヤ通りと平行に進む。まだしばらくは乾物、果物、フライ物、タイ料理惣菜などが続く

↑しばらく歩くと、衣料品や履物、バッグ、玩具、日用品など。市場内はテントに覆われて風も無く35℃ほどとかなり暑い

↑このあたりから女性用のベルトやシャツなど。そしてペット(主に犬)やその飼料も売っている

↑(写真左)サウスパタヤ通りのソイ20から入ったところ。このへんもペットや観葉植物など

↑折り返してサウスパタヤ通りよりひとつ奥の通路を進む。マニキュアの実演や眼鏡、サングラス、女性用の香水、衣料品など

↑ソイ・ボァカオ側へ戻ってくるまでほとんどが女性の衣料品。その隣には果物にタイの炒飯や炒めた麺が並ぶ

↑そのまま市場内へ。果物、野菜に、タイの素麺に辛いスープをかけて野菜を付け合わせした「カノムジン」を食べる人たち

↑ここはサウスパタヤ通りのフレンドシップ前、セブンイレブン横から入る通路。この辺は果物やタイ料理などの食べ物中心

↑(左)奥までくるとタイ風春巻きや腸詰めなど揚げ物や焼き物の匂いが食欲を誘う (中/右)市場に隣接するコーヒーショップの様子

↑サウスパタヤ通りから見て一番奥の通路を行く。このへんも女性の衣料品がほとんど。この市場の約7割は衣料品で占める

市場内からソイ・ボァカオ側へ出る。(右) ソイを挟んでボァカオ市場の向かいがグランドホール市場、毎週火・金・日曜開催


このボァカオ市場は火曜・金曜の開催。他の曜日は一部のみ出店している

 

ライブパタヤインフォメーション取材班
E-mail: livepattayainfo@gmail.com