This site is for Japanese only. 2017年9月12日 15:41 更新
◆お問い合わせは、こちらから◆



パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木





パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

 

パタヤビーチタイム情報

 



パタヤを訪れる人へ。そしてパタヤのために、少しでも何か良いことを…

パタヤ公共リンク

パタヤシティーホール
パタヤ市役所のホームページ(タイ語)。場所は、テスコロータス・ノースパタヤ店の真ん前にある
http://www.pattaya.go.th/


ルング・ルアン・コーチ社
バンコク(モチット、エカマイ、サイターイ)とパタヤを結ぶバス会社
http://www.pattayabus.com/

エアポート・パタヤバス社
スワンナプーム空港とパタヤ、ジョムティエンを結ぶバス会社
http://www.airportpattayabus.com/

ベルトラベルサービス社
ノースパタヤ・バスターミナルからスワンナプーム、ドンムアン両空港を結ぶバス会社
http://www.belltravelservice.com/

スワンナプーム国際空港
世界各国からタイへのメーンターミナル、現・バンコク国際空港。2006年9月に開港。所在地はバンコク都ではなく、サムットプラカン県に位置する。ターミナル分けされたドンムアン空港と違い、一元化された国際空港であるため、とにかくターミナルビル内が広大であり、航空会社のカウンターから出発ゲートまで歩く距離も長い
http://www.suvarnabhumiairport.com/

ドンムアン国際空港
一時、スワンナプーム空港に航空会社が全面移転した後、タイ国内格安航空(LLC)用の空港として再活用されて以来、タイ国内各地また日本や中国をはじめアジア諸国とを結ぶ、今日では第2のバンコク国際空港となっている。これまで第1ターミナルビルが使用されてきたが、乗り入れる航空会社や発着便数が増加傾向にあり、2015年12月末に第2ターミナルビルの共用を開始したのに伴い、第1ターミナルビルは国際線、第2ターミナルビルはタイ国内線となっている。
http://donmueangairportthai.com/jp

ウタパオ国際空港
タイ海軍との共用空港で、第3の国際空港を目指し大幅な拡張が計画されている。バンコクエアウェイズ、エアアジア(国際線と国内線を運航)、カンエアなどの定期便がある。パタヤ市内から車で約40分。2016年6月に共用を開始した新ターミナルビルに続き、2017年2月から国内線旅客用に第2ターミナルの供用を開始。今後の発着便増加を見込んで滑走路を2本体制とする計画。これから益々定期便が増えていけば、パタヤなど東部エリアからはスワンナプーム、ドンムアン両国際空港へ時間をかけて移動する必要がなくなることが見込まれる
http://www.utapao.com/

ロイヤルパッセンジャーライナー
2017年1月就航。パタヤとフアヒンを約2時間で結ぶフェリー会社。運賃や運航時間はサイト内で確認できる

https://www.royalferrygroup.com/index.php?&lang=eng

パタヤメディアリンク

パタヤトレーダー
パタヤでは創刊10年以上(2015年7月現在、発刊177号)という息の長い英字フリー月刊誌。プロパティーだけではなく、ニューオープン、ビジネス関連など各種情報が満載。
http://www.pattayatrader.com/

パタヤメール
英字の有料新聞。ケーブルテレビでは「PMTV」というパタヤの情報番組を制作している。
http://www.pattayamail.com/

パタヤピープル
英・タイ字の有料新聞。パタヤのケーブルテレビでは独自制作のチャンネルを持っている。
http://www.pattayapeople.com/

パタヤトゥディ
英字の有料新聞。
http://pattayatoday.net/

パタヤワン
英字の有料新聞。パタヤのケーブルテレビでは同名のニュース・情報番組を制作。パタヤワンニュースは、タイの全国放送テレビでは絶対にニュースネタになりそうもない、パタヤならではの珍事件も取り上げる。
http://www.pattayaone.net/

ソフォンケーブルテレビ・パタヤ
パタヤ市内でケーブルテレビを運営。タイ国内テレビや世界各国のテレビなど60チャンネル以上。
http://www.pattayacabletv.com/


パタヤディリーニュース
タイ語、英語でパタヤエリアやタイ国内のニュースを伝えるウェブサイト。
http://www.pattayadailynews.com/

パタヤピープルラジオ96FM
パタヤピープルメディアグループが運営する英語専門FMラジオ局。
http://www.pattayapeopleradio.com/

City Radio Pattaya 90.25FM
ソフォンケーブルテレビが出資するタイ語ラジオ局。主に、いまタイで流行っているT-POP(タイのポップス)が中心。パーソナリティによっては欧米の曲も流れる
http://www.cityradiopattaya.com/

ส.ทร.5 พัทยา(ソー・トー・ロー・ハー パタヤ)SWEET FM 104.75 MHz
パタヤ市内を一望できるプラタムナック・ヒルにあるタイ国海軍のラジオ局。JS91社が番組制作などを運営する。ホームページはなく、フェイスブックはあるがタイ語のみの情報。KCS RADIO STATION のホームページではネット上から放送中の番組が聞ける。もちろんタイ語主体で現在タイ国内で流行する曲中心の番組。
フェイスブック https://www.facebook.com/pages/จุดชมวิว-เขา-ส-ทร5-Pattaya/218780301484238
http://www.kcsradio.net
(ホームページ左下のブロック、上から2つ目をクリック)

MOBILE ADVERTISING
パタヤならではのソンテウ(バーツバス)広告会社。1年365日24時間パタヤの街を走るソンテウなら広告効果大、間違いなし!?
http://www.baht-bus.com


パタヤ観光施設リンク

サンクチュリーオブトゥルース
1981年より着工し、今現在も建設中の木造建築物。象や馬車、小舟に乗っての散策、タイ伝統の舞踊ショーなどアクティビティー満載。場所は、ナクルア通り・ソイ12を入り、約1kmほど先の海側に位置する。
http://www.sanctuaryoftruth.com

ザ・ミリオンイヤー・ストーンパーク&クロコダイルファーム
広大な敷地内に大きな石と植物が織りなす公園とワニ園。2011年9月の大洪水で、当園のワニが逃げ出したのは有名。
http://www.thaistonepark.org/

パタヤバンジージャンプ
今や人気のアトラクション。タイ国内ではチェンマイ、プーケットなどでも展開する。
http://www.pattayabungyjump.com/

エレファント・ビレッジ
パタヤ郊外にあり、象に乗って園内をトレッキングできる。
http://www.elephant-village-pattaya.com/

タイ・アランカン
毎日夕方からタイの伝統舞踊などのショーが楽しめる。レストランを併設。
http://www.alangkarnthailand.com/

パタヤパークタワー
遊園地やファミリープールにホテルも併設する総合レジャー施設。
http://www.pattayapark.com/tower.html

パタヤ水上マーケット
2008年、観光客向けに作られた人工・水上マーケット。
http://www.pattayafloatingmarket.com/

シラチャー・タイガー・ズー
場所はシラチャー市内から東へ約10km、チョンブリー・モーターウェイ沿いに位置する。
http://www.tigerzoo.com/

カオキオ・オープンズー
カオキオ山に作られた広大な自然動物園。猿、象、虎など300種の動物が飼育されている。
http://www.kkopenzoo.com/

ノンヌッチ・トロピカルガーデン
園内は色とりどりの植物に包まれて、トロピカルムードたっぷり。ホテルも併設されている。
http://www.nongnoochtropicalgarden.com/

アンダーウォーターワールド

パタヤは規模的に小さいが、水槽をくぐるトンネルで海に住む回遊魚が間近に楽しめる。シンガポールのセントーサ島、マレーシアのランカウイ島にもあるのは有名。
http://www.underwaterworldpattaya.com/

ミニサイアム

開園してすでに25年以上。園内には世界各国の有名な建物のミニチュアが並ぶ。バンコクパタヤ病院向かい。
http://www.minisiam.com/index_eng.html


カートゥン・ネットワーク・アマゾン
Cartoon Network Amazone
キッズチャンネルのカートゥン・ネットワーク〈以下、CN〉を運営するタイム・ワーナー社が2014年10月にオープンしたテーマパーク。〈CN〉で有名な“BEN10”や“GUNBALL”などオリジナルキャラクターのプールアトラクションが満載。パタヤ市内からスクンビット通りを車で20分ほどのナ・ジョムティエン地区にある。
http://cartoonnetworkamazone.com/en/

 


その他、パタヤ関連リンク

湯の森温泉&スパ[パタヤ店]
Yunomori Onsen & Spa Pattaya
2016年9月30日にオープンした、東南アジア初 の本格的温泉。パタヤ店は、テップラシット通りのソイ9とソイ11の間にある。
https://www.facebook.com/YunomoriOnsen/


ミットヨン・パタヤ

パタヤでバイクのことならミットヨンへ(写真・右はサウスパタヤ通りにある本店)。1973年の創業で、パタヤ市内各所に支店・40店以上を構える。新車や中古車販売に修理、レンタルバイクなど何でも相談にのってくれる。また、スクンビット通りのソイ46/2にあるホンダの大型バイク専門店「ビックウイング」もこのミットヨン・パタヤが出店している
http://www.mityon.co.th/?lang=en

ガリバーズ・トラベラーズ・ターバン

バンコクでも有名、欧米人旅行者が集まるパブ。パタヤではビーチロード・ソイ1付近、ウォーキングストリートに系列店がある。
http://www.gulliverbangkok.com/branch.php?id=2

Nick The PIZZA(ニック・ザ・ピザ)

パタヤのピザデリバリーサービス。各種ピザにトッピングのオーダーもできる。午前5時まで営業。ホテルやゲストハウスなどへも配達可能。155バーツ以上のオーダーからデリバリー代無料。TEL.038 373 418(タイ語・英語にて対応)
http://www.nickthepizza.com/

Door 2 Door(ドアツードア)

パタヤのフードデリバリーサービス。パタヤのレストラン40軒以上のメニューからデリバリーしてくれる。パタヤ市内はほぼデリバリー代無料、午前3時まで営業(深夜は一部メニューのみ可)。ホテルやゲストハウスのレストランが閉店後、深夜にどうしてもおなかが空いた時は利用価値あり。TEL.038 720 222(タイ語・英語にて対応)
http://door2doorpattaya.com/