This site is for Japanese only. 2017年10月21日 6:14 更新

◆お問い合わせは、こちらから◆



パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

 

 

 

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

パタヤ・ヤシの木

 

パタヤビーチタイム情報

 



パタヤを訪れる人へ。そしてパタヤのために、少しでも何か良いことを…

パタヤでは、大手デパートやスーパーマーケット、地場ショッピングセンターなど、市内にざっと大小約20軒。そしてコンビニエンスストアーも市内各所にあり、まさに「ショッピング天国」と言っても過言ではない。パタヤのような小規模な街でこれだけのスーパーマーケットとコンビニがあれば、食料品や日用品など滞在・生活するに必要なものについて「手に入らなくて不便」などということはまずないだろう。

各スーパーマーケット、コンビニそれぞれ、品揃え(取り扱い商品)や品数など違いがあるので、その特徴をよく掴んで利用しよう。近年はスーパーマーケット、コンビニのオリジナルブランド商品も多く売られており、割安のモノもあれば、プレミアム感のある付加価値を付けた高級商品も売り場に溢れているという現状だ。

なお、在住者向けに生鮮食料食品、日用品など日々低価格競争を繰り広げているスーパーマーケットもあれば、主に旅行者をターゲットとした物品を扱うショッピングセンターなど、それぞれにしのぎを削っている。

 

ショッピングセンター、デパート、スーパーマーケットなど

テスコロータス
パタヤではすでに3箇所に支店があり、最大規模の店舗を誇るテスコロータス。英国資本のテスコだけに、欧州からの在住者や旅行者に支持され続けている。テナント街の店も多種多様に入居しており、商業銀行の支店や携帯電話会社のカウンターなど日常生活に重要な店が多い。パタヤ市内にはコンビニタイプの「Lotus Express」も数店ある。
http://www.tescolotus.com/en/(英語サイト)

・ノースパタヤ店(ノースパタヤ通り、パタヤシティホール真向かい)
221/19 Moo 5 North Pattaya Road
Tel 038-370-910〜30
Fax 038-370-945
Open/Close Time 8.00 am - 11.00 pm

[テナント]MK、チェスターズ・グリル、デイリー・クイーン、ピザ・カンパニー、ヤマザキ・ベーカリー、KFC、ダンキン・ドーナッツ、SWENSENS、True、i-Mobile、Dtec、Telewiz(AIS)、SE-ED(書店)、IMAGINE(CD、DVD)など

・セントラルパタヤ店 (スクンビット通り、ナムチャイ電器店入口奥)
353/52 Moo 9 Pornprapanimit 2 Road
Open/Close Time 8.00 am - 10.00 pm
[テナント]書店、薬店など

・サウスパタヤ店(スクンビット通り、テップラシット交差点近く)
408/2 Moo 12 Sukhumvit Road
Tel 038-300-800-24
Fax 038-200-038
Open/Close Time 8.00 am - 11.00 pm
[テナント][1F]Sukishi、BIG CAMERA、ダンキンドーナッツ、ヤマザキ・ベーカリー、SWENSENS、薬店、衣料・小物店など[2F]フードコート、SE-ED(書店)、ピザカンパニー、KFC


ビッグC・スーパーセンター
品揃えではロータスに劣るが、量と安さではナンバー1。近年、ロシアや中東系の旅行者が、土産代わりに家電品や日用品を買いに来る姿も見かける。カルフールの営業権がビッグCに譲渡され、セントラル通りにあったカルフール・パタヤ店はビックC・エクストラ、パタヤクラン店となった。これまでのビッグCと違い、生鮮食料品がカルフール時代と変わらず充実している。またパタヤ市内には、コンビニタイプの小規模店「BIG C Mini」もソイ・ボンコット店など数店あり、レジでは電気、水道などの公共料金の支払いも可能。
http://www.bigc.co.th/en/(英語サイト)

・ノースパタヤ サイ2(セカンドロード)店(セントラルマリーナ内)
78/12 Moo 9 Pattaya Second Road
Tel 038-361-361
Fax 038-361-432
Open/Close Daily 9.00 am - 12.00 am

セントラル・マリーナ(旧セントラルセンター・パタヤ)
[2016年12月19日新装オープン]
Open/Close Daily 11.00 am - 11.00 pm

[テナント](銀行)カシコン銀行、クルンシーアユタヤ銀行、サイアムコマーシャル銀行、クルンタイ銀行 
(一般店舗)フードパーク、マクドナルド、KFC、スターバックス、MK、すき家、こものや、Boots、P&F、ワトソン、デイリークイーン、BAR B Qプラザ、True、Jマートなど
https://www.facebook.com/CentralmarinaFanpage/



・エクストラ・パタヤクラン店
(セントラルパタヤ通り)
333 Moo 9 Pattaya Klang Road
Tel 038-360-444
Fax 038-360-456
Open/Close 8.00 am - 12.00 am

[テナント][1F]SUBWAY、KFC、フジ・レストラン、MK、ミスター・ドーナッツ、デイリー・クイーン、SE-ED(書店)、フードコート[2F]HOME-PRO、Telewiz、TT&T、TRUE、3BB、衣類、小物店、宝石・貴金属店、時計店、薬店など

 

・サウスパタヤ店(スクンビット通り、サウスパタヤ交差点近く)
565/41 Moo 10 South Pattaya Road
Tel 038-374-800〜14
Fax 038-374-816
Open/Close 7.00 am - 11.00 pm
[テナント][1F]ミスター・ドーナッツ、MK、KFC、フジ・レストラン、S&P、Boots、書店、貴金属・宝石店、美容室、フードコート[2F]True、薬店、書店、メガネ、カメラ、携帯電話ショップ、金行など


TOPS
マーケット
セントラル・フェスティバル地下にあるフードホール・フードコートと同じ「セントラルフードリテイル」社が経営。PSプラザ店は2015年8月末にてPSプラザ(セカンドロード・セントラル通り交差点前)より完全撤退し、「セントラル・フェスティバル・パタヤビーチ」地下のフードホールに出店を統合している。
http://www.tops.co.th/ (英語サイト)

 

・サウスパタヤTuk Com店(Tuk Com- Pattayaの地下1階)[2015年10月より店舗を拡張]
8 Moo 10 South Pattaya Road
Open/Close 9.00 am - 8.00 pm
[TUKCOM・テナント]※TUKCOMビルは10.30 amよりオープン[1F]SE-ED(書店)、Watson、SONYショップ、スターバックス、8番ラーメン、S&P、ダンキン・ドーナッツ[2F]携帯電話ショップ街[3F]パワーバイ[4F-5F]主にコンピュータ関連ショップ[7F]IT-City[地下]TOPSマーケット、衣類・小物店

 

〈トップス・ディリー〉※共にコンビニタイプの店舗 Open/Close 24時間営業
・スクンビットパタヤ店
(セントラルとサウスの中間、マクドナルドやカシコン銀行の並び)
・マークランドビレッジ店(パタヤビーチロード・ソイ1、マークランドビレッジ B1F)
・プラトゥムナック店(テップラヤ通り・ジョムティエンセカンドロードとの交差点近く)
http://www.tops.co.th/en/daily/StoreLocationCountry.html


セントラル・フェスティバル・パタヤビーチ
「セントラル・フェスティバル」としてパタヤビーチ店はタイ国内における1号店であり、2008年12月にプレ・オープンした。すべてテナントの地下を除いて、1階から上階はビーチロード側がテナント部分、セカンド・ロード側にはセントラル・デパートが入居している。
テナント部分には、やはり「セントラル・フェスティバル」ならではのお洒落な店舗が軒を連ねているが、ビーチロードの遊歩道からそのまま入店したような“Tシャツに短パン、そしてサンダル履き”姿のカジュアルな格好の客が多いのもパタヤらしいところである。
なお、地下1階の「フード・ホール」は、日本食関係の調味料や各種麺ものにレトルト食品や菓子など、パタヤ最大の品揃えだ。生鮮食料品だけではなく、持ち帰りできる総菜や寿司コーナー、ベーカリーなどのほか、各種日用品やお酒、化粧品など何でも揃っていて、旅行者・滞在者問わず便利なスーパーマーケット。隣接する「フード・コート」には世界各国の料理が楽しめ、格安(100バーツ〜)な日本食コーナーもある。

http://www.centralfestival.co.th/ (英語サイト)

333/99 Moo 9 Pattaya Second Road
Tel. 033-003-999
Open. 10.00 am – 11.00 pm
[テナント][地下]フード・ホール、フード・パーク(世界のさまざまな料理コーナーがあり、格安で味わえる。日本食コーナーもあり)、ナラヤ、ジムトンプソン、マクドナルド、バーガー・キング、KFC、書店、薬店[5-6F]MK、やよい軒、フジ・レストラン、8番ラーメン、COCO壱番屋、Oishiラーメン、MOSバーガー、シークレット・レシピ、SFX CINEMA

 

 

フードランド スーパーマーケット
パタヤでは老舗のスーパーで、24時間営業と便利で日本食関係も(菓子も含めて)そこそこ揃っている。野菜や果物、鮮魚など品質の良さがいい。
http://www.foodland.co.th/ (英語サイト)

・パタヤクラング店(セントラルパタヤ通り)
190/16 Moo 9, Central Pattaya Road
Tel. 038-422-426, 038-360-170〜2
Fax. 038-426-162
Open. 24時間営業
※レジ付近には、カウンター形式のレストラン、ブックスタンド(読売新聞あり)、薬店、直営のベーカリーがある。

・ロイヤルガーデンプラザ・パタヤ店(パタヤビーチロード)
2017年6月オープン
[ロイヤルガーデンプラザ・パタヤ]地階
※ビーチロード側から直接入店可能
・ レストラン〈TOOK LAE DEE〉も併設

Tel. 038-427-267
Open. 24時間営業

 



ビラ・マーケット
パタヤでは、2008年の「ザ・アベニュー」の開業と共にオープンした。輸入食品が多く、特にワインの数はパタヤで最大。日本食関係もかなり揃っている。
http://www.villamarket.com/(英語サイト)

・パタヤ店(セカンドロード、ザ・アベニュー1階)
The Avenue Pattaya, 399 Moo10 Pattaya Second Road
Tel 038-416-888
Open. 24時間営業
[ザ・アべニュー・テナント]BOOKAZINE、スターバックス、マクドナルド、シェナニガン・パブ、メジャー・シネプレックス、Blu・O(ボウリング)

 

ロイヤル・ガーデン・プラザ
パタヤでは、オープンからすでに20年のキャリアを持つが、近年は他のショッピングセンターの勢いに押されて、テナントは旅行者向けに特化した店やアトラクション施設が多くなっている。3階の「フード・ウェーブ」は近年新装オープンしており、パタヤビーチを至近距離で眺めながら味わう食事は格別。
http://www.royalgardenplaza.co.th/
218 Moo10 Beach Road
Tel 038-710-297〜8
Fax 038-412-139
Open/Close 11.00 am – 11.00 pm
[テナント][GF]ザ・コーヒー・クラブ、マクドナルド、バーガーキング、KFC、アディダス、ワコール、リーバイス、エスプリ、ボッシー二[1F]スポーツ・ドーム、ハーゲンダッツ、ZEKARA TOKYO[2F]ベニハナ、Watson、SUPER SPORTS、アトラクション各種[3F]スターバックス、PAULANER GARTEN

 

マイク・ショッピング・モール
パタヤでは、お馴染みの地元実業家「スラット氏」がオーナーの地元デパート。1階はコピーものが多いが、時にはブランドものの衣類やバッグなどお得な“掘り出し物”もあるという。
http://www.mikethailand.com/

Moo 10, Pattaya Second Road【2D】
Tel 038-412000-9
Fax 038-412036
Open/Close 11.00 am – 11.00 pm
[1-3F]衣料品、鞄、靴、眼鏡店など[4F]スポーツ、文房具、タイ工芸品などの土産物[5F]フードプラザ

 

ハーバー・パタヤ
セントラルパタヤ通りのフードランド隣に2016年4月1日よりオープン(写真左)。パタヤではTUK COMビル、レムチャバンでは、ハーバー・モールを経営するレムトン・グループが運営し、地下から6階までは、携帯ショップ、飲食店、ショッピングセンターなどのテナント、7階から15階まで賃貸オフィス。
IT専門店のTUK COMをはじめ、KFC、MK、スターバックスコーヒー、サイアムコマーシャル銀行、クルンタイ銀行、i-Studioなどが入居。そして、地下にはバンコク都内で多数出店しているスーパーマーケットのマックス・バリュがオープン(マックス・バリュはパタヤ初進出。24時間営業)。
このハーバーパタヤの目玉として、5階にはマリオランドやアイススケートリンクなど家族で楽しめる“ファミリー・エンターテインメント・センター”がある。

http://harbor.co.th

https://www.facebook.com/Harborpattaya

Open. 24時間営業
Pattaya Klang Rd., Bang Lamung, Chonburi 20150
T. 081-3770101



コンビニエンスストアー

パタヤでコンビニチェーンと言えば、セブンイレブンかファミリーマートのどちらか。市内至る所にあり不便を感ずることはないだろう。もちろん、どの店も24時間営業で、近年は日本の食品(おにぎりやパン、菓子など)も増えてきている。セブンイレブン・ファミリーマートともに、店によっては扱う商品が微妙に異なっているので、常に品揃えを確かめて利用しよう。

セブンイレブン(タイ法人)
タイ国内ではすでに1万店以上を展開。タイではCP-ALL社が運営しており、コンビニエンスストアのタイ国内最大チェーン。パタヤ市内でもほぼ至る所に店舗があり、独自の商品開発によりセブンイレブンでしか販売していないオリジナル商品も数多い。また、電気や水道代など公共料金をはじめ、クレジットカードなど各種の支払いも可能な「カウンターサービス」を導入している。セブンイレブンではお勧め対象商品を購入するとスタンプがもらえて、それを期間中に貯めると傘やリュックサックなど、セブンイレブン独自のノベルティー商品がもらえる。
http://www.7eleven.co.th

 

ファミリーマート(タイ法人)
近年、パタヤ市内でも着実に店舗数を延ばしてきているコンビニ。タイ国内においては1100店超の支店数。タイ法人はセントラルデパート系グループに属しており、TOPSマーケットやTOPSデイリーなどと同系列であり、セントラルの「The 1」メンバーズカードを提示するとポイントが付くなどの特典がある。また、日本発のコンビニでもあり、ファミリーマートの独自ブランド商品には日本の食品を意識したものが年々増えてきている。
http://www.familymart.co.th